孝行で返したい親借金

若いころ、あまり物事をかんがえずに行動するようなところがあり、ときどき失敗をすることが多くありました。

中でも、事故を起こして弁償が必要だったり、騙されて高額な教材を買わされてしまうなど、お金を工面するときに親から借金をして、ずいぶんと親不孝な息子だったと思います。

それでも、働いて都度返済をしてきましたが、一つだけ、まだ返していない借金があります。

それは、結婚するときに嫁の両親に渡した結納金です。

20代で結婚したのですが、その時私の給料はとても少なく、それなりに裕福な相手の家にまとまったお金を払えるほどの余裕はありませんでした。

結婚式や新婚旅行も、あまり豪華にはできませんでしたが、それでも自分の貯金をはたいて精一杯のものでした。

それ以上に結納まで恰好がつくほどのお金はなかったのです。

その時、父親がお金を出してくれてとてもありがたかったものです。

親は、援助のつもりで出したのでしょうが、私としてはそれまでの恩も感じていたので、このお金を借りたものと思い、いつか親孝行するために返したいこうと思っています。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年5月13日 09:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「返済は慎重にしましょう」です。

次のブログ記事は「一人暮らしのためにお金を借りました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja