一人暮らしのためにお金を借りました。

僕が大学生時代に一人暮らしをしている時の体験談をお話させて頂きたいと思います。

大学生の時に一人暮らしをして、アルバイトもしていたのですが、マンションの家賃、光熱費、食費、友人との交際費などに充てる金額がアルバイトでの収入を上回ってしまったため、お金が足りなくなりました。

どうしようどうしよう、このままじゃ生活できないと悩んでいました。

そんな時、アルバイト先の先輩がちょうど同じ大学に通っていました。

その時に、その先輩から「大学でお金借りれるよ」との情報を教えてもらったのです。藁をもすがる思いで学生交流課に行くと、職員さんが2万円お金っを貸してくれました。

とても助かったのをはっきりと覚えています。そのあとで光熱費も無事に支払い終えて安心しました。

そこらのサラ金業者や銀行と違って無利子ですので、借りる過程においても大変安心でした。その時に2万円借りた後にも、経済的に窮地に追い込まれる事は沢山ありました。

ですので、そのあとも何回か借りに行ったのをはっきりと覚えています。

しかし、さすがにそう何回も借りに行くと白い眼で見られるのではないかという不安もありましたが、学生交流課の方は、親切に、嫌な顔一つせずにお金を貸してくれました。

以上が僕のお金を借りた体験談です。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年5月13日 09:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「孝行で返したい親借金」です。

次のブログ記事は「あれほど、人からお金を借りてはいけないって言われていたのに、、、。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja