住んでいないマンションのローンの呪縛

子供の大学進学で私の親がお金を貸してくれました。結婚してからずっと住宅ローンがありました。

配偶者の親が勝手に決めて勝手に購入してしまったマンションのローンがあり2年で転勤することに。

それからずっと住んでいない部屋のローンを払っているので生活費はぎりぎりでなんとかやっては来たものの、大学進学の時に、さすがに私の親が心配して資金を借りることになりました。

まだ返せていないけれど、住宅ローンのせいで、配偶者のボーナスもなく貯金もできない状態ですが心配をかけてしまった親に少しでも早く返せるようにと仕事をしています。

昔は専業主婦も、配偶者の収入で、証明書がなくてもカードローンができたのに。

その頃は必要もないと思っていましたが、今もしそれができるのなら、親にお金を借りるなんて心苦しいことをせずに済んだのかもしれないなと思います。

親からの借金ですと、ついつい甘えて、返済が遅れたり、ま、いっかとか考えてしまいますが、催促をされないと返そうともしないとか返すのを後回しにするとかしてしまいがちです。

しっかり借りたものは返す気持ちを忘れないで、そんな親に十分感謝して行きたいと思います。

年をとってもいつまでも親に甘えてしまう自分がもっとしっかり生きていないといけません!

このブログ記事について

このページは、adminが2014年9月11日 07:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旦那の収入が激減して借金しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja