カードを使いすぎてしまってつい親に

若いころに私は何にでもカードをきっていて、ちょっとした食費やガソリン代など日常の出費から、友人との食事、カラオケに始まり、ちょっとでもかわいいと思った服はガマンせずに速攻カードをきる生活をしていたら、限度額はすぐ超えてしまい、そのたびに遅れては返済して、またカードをきり・・・ということを何社かのカードでしてしまったのです。

仕事さえ辞めることがなければ、払えなくなることもないしまあ、いいやとテキトーに返済していたんですが、ある日突然会社が倒産してしまい、いきなり無職になってしまいました。

失業保険は入ってはいたのですが、3か月くらい貰えないし、貰える期間も3か月しかないし、当然失業保険で何社から借りたお金、計100万以上を返すのは無理なので、親に必ず返すから貸してと頭を何度も下げてお願いしたのですが、親はお金を貸すかわりにひとつだけ条件を出してきました。

それはもう二度とカードを作らないことでした。それからは、借金とは無縁の人生になりました。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年3月 9日 09:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイホーム購入からの地獄」です。

次のブログ記事は「進学を決意して借りたけれどその後に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja